01 012.jpg01 012.jpg 樫の木を望む二世帯住宅

親世帯、子世帯で程よい距離を保ちつつ、どちらからも樫の保存樹のある庭と水盤の坪庭を望むことが出来る。薪ストーブのある通り土間、程よく囲われた2階ウッドテラス、二つの居間など変化のある様々な居場所がある。次世代ソーラー「そよ風」を備えた家。
住まい手の声>>


02.jpg 四季の変化を楽しむ家

緑豊かな環境を生かし季節や時間、来客などTPOに合わせ、建具やデッキテント、軒下、植栽を使い内と外が程よく繋がる。風通しの良い大きな開口、次世代ソーラー「そよ風」、雨水貯湯タンクを備えた自然と共に暮らす家。

受賞 :第二回家づくり大賞 柏木博賞


16 補正.jpg アトリエと中庭のある家

都心の密集地の中、2階に中庭を設けプライバシーを保ちつつ、光や風、視界の広がりを確保している。間口の広い2台駐車場やアトリエ、中庭のあるコの字プランのため木造3階建てSE構法を採用した。次世代ソーラー「そよ風」を備えた家。

掲載誌 :建築家と予算内で建てる家
掲載誌 :木造住宅ディテール集


01_mg_1312.jpg 等々力の家

三角形敷地の余白を利用した中庭から光や風、借景を取り込んでいる。共働き夫婦のために緩く繋がる寝室や仕事コーナー、和室のある2階LDK、次世代ソーラー「そよ風」を備えた家。

掲載誌 :木造住宅ディテール集
掲載誌 :建築家のピカイチ間取り集
掲載誌 :小さくても広く住める家