このシェアハウスは、発達障害を持ちながら働く若者のための通過型グループホームです。福祉施設の拡充を推進する東京都や行政区の補助金制度を利用し、様々なハンディキャップのある人達を支援しているNPO法人の学園により運営されています。 

外部は近隣住宅へ配慮し、建物の高さとボリュームを抑え、外壁は馴染みやすい左官仕上げとしました。さらに、窓先空地を利用した芝庭や花壇、植栽なども積極的に行っています。
また、内外をあまり閉じすにあえて半開放することで、利用者の暮らしの様子が周囲へも伝わり発達障害への理解が進むことを目指しました。 

内部は、共用の玄関ホールと階段ホールを境に、電気錠で1階が男性、2階が女性に区画しています。男女それぞれの階は共用のLDK、テラス、来客用トイレ、世話人室、利用者の個室には専用サニタリーを設け合計10室で構成されています。 

限られたスペースの中でも仲間同士や世話人との会話が生まれ気配が感じられるよう、階段ホールにはニッチな造作ベンチや本棚を、12畳ほどのLDKには食事以外にも共同生活の中心として寛げる、低めの大きな円形テーブルと低座の椅子をしつらえました。 

4畳ほどの世話人室は、利用者の様子が伝わるよう、LDKとの仕切りをガラス付きの腰壁に抑え、各個室への廊下とホール入口を見通せる位置に配置、さらに利用者のプライバシーも重視し、個室には専用のサニタリー(浴室、洗面、トイレ、洗濯)を設けています。

文 :赤沼 修
写真:吉田 香代子

新江古田の家