バス通りを挟みこんもり広がる碑文谷八幡宮の杜を借景に取込みながら、通りからの音や視線、日差しを部屋の配置と窓廻りの工夫で程よく調整しています。

薪ストーブを囲み寛いだり、趣味や家事のできるニッチなコーナー、ストーブの温熱を家全体のに巡らす循環ファン、ウッドテラスと繋がる多目的スペースなど、3世代6人の大家族が、木造3階の各フロアーの様々な居場所で、程よく繋がれるよう配慮しました。

文 :赤沼 修
写真:吉田 香代子

碑文谷の家

「掲載誌」
しあわせ間取り図鑑