1階賃貸部分は上下階の遮音と独立性を重視し鉄筋コンクリート造に、2,3階の自邸部分はプランニングの自由さとコストも考慮し木造と鉄骨階段で構成しました。

敷地は人通りの多い南道路と静かな北道路に面しており、それぞれの特徴に合わせ少し囲われた半屋外的なデッキと坪庭、街と繋がる三和土と植栽を設けています。

設計では将来二世帯での上下階住み分けも視野に入れながら、住まい手と敷地の状況から選択した構成素材である木と鉄とコンクリートの特性と美しさが活かせるよう心がけました。

文 :赤沼 修
写真:吉田 香代子

ハタビヨリ

「掲載誌」
しあわせ間取り図鑑