60
代を迎えたご夫婦と、仕事を持つ娘さんとの3人家族のためのリノベーションです。

ご主人の定年退職を契機に、家の耐震対策と定年後の暮らしに合った快適な住まいにしたいとご相談にみえました。

42年の木造家屋は良くメンテナンスされていましたが、場当たり的に増改築を繰り返したため間取りや構造が複雑になり、そのことで採光や通風も遮られていました。
障害になっている南側の一部を減築し、2階など使える既存部分は出来るだけ再利用することでコストを抑えつつ、耐震補強と共に間取りは大幅に改修し、使い勝手が良く光や風、人が通り抜け出来るよう回遊動線に作り替えています。

既存の柱や梁は経年変化でとても美しく、それに負けないよう無垢の床や月桃紙などの自然素材で仕上げ、キッチンや収納造作も無垢材を使い比較的コストが抑えられる大工造作で製作しました。
高性能断熱材の充填や基礎を炭素繊維で耐震補強したり、エアコン一台で床下の土間に蓄熱暖房したりと最新技術も取り入れ見えにくい事柄も大切にしています。

古き良きものと最新技術を融合させ安心して快適に暮らせる住まい造りを目指しました。

文  : 赤沼 修
写真 : 吉田 香代子

保谷の家

「毎日新聞」
・特集テーマ「減築」/2013.04.20