新緑の5月、雑誌の取材協力で久しぶりに保谷の家を再訪しました。ご夫婦に初めてお会いしたのが6年ほど前、耐震対策を含め思い出ある今の家を定年後の暮らしに合う快適な家にしたいと良案を求めて訪ねてこられた。


提案した改築案は、耐震補強するのはもちろん過去の増築で採光や通風の障害となっている部分を減築すること。コストを抑えるため2階のきれいな和室などそのまま使えるところは残し、その他の部分は「回遊動線」が得られるよう大幅に間取りを変更することでした。

足元から冷えてくるのも古い一軒家の悩みでしたが、窓廻りの改善と高性能断熱材を使い床下にエアコンの暖気を送って土間に蓄熱する方式で解決、寒かった廊下や階段が居室と同様に暖かいため家中を行き来して生活できるようになり、減築で面積は減ったがかえって広くなった感覚です、年間を通して光熱費も以前より抑えられているそうです。

家の思い出が失われず、生活ががらりと変わらないのもリノベーションの利点です、費用も新築の約半分で住みやすい家に生まれ変わりました。LDKから庭を眺めるのが毎日の楽しみとご夫婦、美しく育った植栽と手入れされた住まい、穏やかな暮らしぶりがとても印象的でした。
詳しくは6月25日発売クロワッサンをご覧ください。

文  : 赤沼 修
写真 : 吉田 香代子

保谷の家

「掲載誌」
・クロワッサンNo.951/2017.6.9発売 
「毎日新聞」
・特集テーマ「減築」/2013.04.20