住まい手のご夫婦は会社員と学校教師の共働きで、娘さん息子さんの4人家族です。

敷地は行き止り道路の突当りにあり、土地を三つに分割した影響で9mほどの旗竿とその奥が三角形の変形敷地ですが、東南隣地は緑や蔵が残り住居専用地域のため将来も大きな建物は建たず工夫すれば採光や通風は十分確保できそうでした。

設計では将来の環境変化を考慮し2階にLDKを配置する逆転プランを採用、さらに東南の借景に対し建物をL字型に配置して三角形の余白にテラスと中庭を作り、光や風、借景をL字に沿った二面の開口から取り込むようにしています。
旗竿部分は、枕木と植栽で自然な小道のようなエントランスを演出し、自転車置き場や来客を含む2台駐車などに利用します。
共働きの忙しい生活を考慮し、サニタリーやキッチン、食品庫、和室、物干しバルコニーなどの家事スペースは階段を中心に配置し、生活時間が違っても気兼ねなく寝起きできるように夫婦の寝室はクロゼットで緩く仕切りました。

太陽集熱パッシブソーラーや冷房を使わずに就寝するための防犯通風格子戸、オーニングなどで自然との共生を図っています。

文  : 赤沼 修
写真 : 渡辺 慎一

等々力の家

「掲載誌」
・木造住宅ディテール図集
・建築家のピカイチ間取り集
・小さくても広く住める家