住み手は50代のご夫婦と2人の息子さん、奥さまは絵や写真が趣味でご主人と一緒に学習塾も営むためアトリエ兼用の仕事場と駐車場を要望されていました。

敷地は道路に対し奥行きのある長方形で、3方をマンションや店舗に囲まれていますが北側斜線制限があり南側隣地の2階以上は将来も建物が制限され自然の採光や通風が期待できました。

その斜線制限を利用して、2階にダイニングキッチンと居間、階段で囲われたプライベートな中庭を設け、南を板塀で緩く囲いマンションや隣家からの視線を遮りながら光や風を取り込んでいます、内部同士では視線や家族の気配が伝わり、3階建て特有の閉塞感を和らげました。
また、暗く湿気やすい1階アトリエには中庭に天窓を設け、さらに屋根で温められた温風を床下に送るパッシブソーラーを利用した土間蓄熱を行い、採光と換気、暖房を行っています。

構造では、木造3階建てに中庭や駐車場などの大きな開口部を実現するため、大断面集成材梁と金物、構造計算によるSE構法を採用しています。在来木造に比べ割高になりますがコンクリート造や鉄骨造より安く、さらに重量も軽いため地盤補強のコストを抑える効果もありました。

文  : 赤沼 修
写真 : 渡辺 慎一

アトリエと中庭のある家

「掲載誌」
建築家と予算内で建てる家
木造住宅ディテール集