谷沿いの商店街通りから坂道を少し上がりさらに未舗装の私道を数十メートル入った一番奥に2メートル接道し更地になった計画地はありました。


入口が東南の角にあたり、3方は住宅やマンション、南は1.8m程の擁壁の上に児童公園、その西隣に小さな神社があり屋根が見えます、坂道と擁壁のせいか少し囲われた雰囲気がありましたが、視界は南隣公園にある木々越しに向こう道路先の大きな欅まで抜けていて緑が多く静かでゆったりとした印象を受けました。

30代の若いご夫婦は計画地近所のマンションに住み共働きです、保育園に通う3歳の息子さんと2人目の子供も考慮中(現在は次男君が生まれ4人家族です)、将来ご両親と同居する可能性もあります。ご要望や予算などの具体的なお話を盛り込みながら、緑豊かな敷地の特徴を活かして四季の変化を楽しめる家を提案しました。

竣工近くの5月、窓を開け放った現場で「これからの連休は家で過ごしたい」と言われたご主人の言葉に少し肩の荷が下りた思いがしました。

文  : 赤沼 修
写真 : 吉田 香代子

四季の変化を楽しむ家

「受賞」
第二回家づくり大賞 柏木博賞