01.jpg 千鳥の家

耐震改修は区の助成を受け予算を抑えつつ、住まい手の年齢や生活スタイルに合わせバリアフリー、自然素材、SOHO、製作テーブルなど予算内で安心と快適な暮らしを実現させたリノベーション。

掲載誌 :建築家と予算内で建てる家


03.jpg 保谷の家

十分な耐震補強と断熱気密、エアコン一台でまかなう土間蓄熱暖房など基本性能を確保しつつ、減築と大幅な内外の改修で通風や採光、視界が通る快適な住まいに新築の約半分の費用で生まれ変わりました。
住まい手の声・ニュースで紹介>>
掲載誌:クロワッサンNo.951/2017.6.9発売 
毎日新聞 :特集テーマ「減築」/2013.04.20


11-1階 補正.jpg 北千束自治会館

築20年の鉄骨造2階建ての建物を、もっと地域に開かれた、親しみのある会館にする為に行った大幅なリノベーション。優しい自然素材(杉天井、白壁、和紙、畳、無垢床、天然ゴム床)を使い、場面に合わせ多目的に利用出来る可動間仕切り、高齢者に配慮した車椅子対応トイレや造り付ベンチ、緊急の消火ポンプ倉庫を備える。


00-1 補正.jpg 平町の家-Ⅱ

RC造3階建て寺院の一部を、事務や地域の集まり、華道教室、パソコン教室、染物アトリエなどに利用出来るように改修した。山積みとなっていた貴重な経典の保存庫を整備し、OA対応の造作テーブルや移動テーブルを製作している。