西隣地の白樫(区保存樹)の大木は、住まい手が子供の頃から植わっていたそうです。その白樫を囲むように街に開かれた駐車場兼用の枕木の庭に各世帯の玄関ポーチを設け、1階玄関は薪ストーブのある通り土間から板塀で囲まれ水盤のある落ち着いた坪庭へと土間が続いています。

2階専用の玄関を入ると階段ホールと1階へ通じる扉があり内部で上下階を行き来できますが、水廻りや設備はそれぞれ個別に設け分離しています。
白樫は、玄関ポーチや通り土間、2階ホール、ウッドテラスと様々な角度と高さから望むことが出来、水盤のある坪庭や周辺の緑と共に自然を楽しみながら様々な溜まりや居場所を楽しめる住まいです。

12階ともナラの無垢床や和紙仕上げなどの素材を使い平面プランも似ていますが、窓からの眺めや天井高さの違い、造作家具の仕上げの違いで統一感の中にもそれぞれ異なる雰囲気を醸し出しています。
風通しと視界の良い完全引込みの木製窓や太陽集熱パッシブソーラー、薪ストーブと合わせ自然との共生を図りました。

文 :赤沼 修
写真:吉田 香代子

樫の木を望む二世帯住宅