赤沼修設計事務所について


 個人住宅を中心に建築の設計監理を主な業務とする設計事務所です。
 敷地の特徴と自然の恵みを生かし、住む人の想いを手掛かりに、
 細部にまで気を配りながら様々な可能性を探ります。
 スケッチ、図面、模型、構造省エネシュミレーションなどを使い、話し合いを重ね、
 納得いただきながら設計をまとめていきます。
 住み手、設計者、作り手の顔が分かる、信頼しあえる家づくりを大切にしています。

「事務所の特徴」
・住まいは日々の暮らしの中で作り上げられ、家族と共に暮らしも変化していきます、
 その変化を受け止められるよう基本的なことをしっかり設計するよう心掛けています。
・先人の知恵と最新技術を融合し、できるだけ機械設備に頼らない家を提案しています。
・自然素材を使い職人の手で温もりのある内装、造作、建具をつくる家を提案しています。
・内と外が程よく繋がる、季節や場面に合わせ様々な楽しみ方の出来る家を提案しています。
・街並みに馴染み、その前を通る人が安らぐような、誇りの持てる家を提案しています。
・家具や造園、表札、薪ストーブの専門職と連携し、気持ちが豊になる家を提案しています。
・耐震診断・補強設計・助成申請と共に、暮らしを見直すリノベーションを提案しています。

※ 現在までの設計事例について詳しくはWORKSをご覧ください。

設計監理の進め方


1:設計相談(無料)
電話やメールなどでご連絡いただければ、事務所にてご相談に対応いたします。
事務所の雰囲気や設計した建築の図面、写真、模型などを見ていただきながら設計相談を
お受けしています。新築やリノベーションなど、気軽に相談してください。

2:企画プランの作成
プランの提案をご希望される場合は、建て主のご要望や夢、予算などを伺い、
敷地を取りまく条件を調査し、企画プラン(企画平面案、予算案、工程案)を作成します。
この時、提案の着手金として15万円の費用をいただきます。
(着手金は設計監理契約の際、設計料に含まれます)

3:設計監理契約
設計相談もしくは企画プランの打合せのあと、基本及び実施設計に作業を進める場合は、
設計監理契約をおこないます。

4:基本設計(建物の主要部分を検討決定する図書)
基本設計図(平面計画、断面計画、構造計画、設備計画)を基に打合せを重ねていきます。
図面で判りにくいところも模型を使い立体的にご説明します。

5:実施設計(施工者が見積を行える内容の図書)
内外装、照明、設備機器、外構などの詳細な仕様も整理していきます。
この実施設計図書をもとに施工者が見積を行い、比較査定や仕様調整の後、施行者との工事契約を行います。

6:工事監理
詳細図面(職人が作る部分の施工図)を作成し現場監督、大工、職方との意思の疎通を図りながら、施工ミスを減らし仕上がりの質を上げていきます。原則として月3~4回現場に向かいますが、状況によっては続けて行く事もあります。建て主の方には工事状況報告書を定期的にお送りし、要所には現場で打ち合わせを行い納得しながら工事を進めていきます。

7:竣工検査/引渡し
建て主と施工者、設計者が立会い建物チェックを行い、必要に応じて手直しをします。関係官庁の完了検査、登記などの諸手続きが完了した後、建物の引渡しになります。

8:一年点検
住み始めた後も不備があれば施工者と協力して対応します。また、引渡し一年後に施工者と一緒に一年点検を行ない建具の調整や不具合の手直しを行います。

設計監理料


・設計監理料は、工事規模や構造、階数を基に算定し、総工事費のおおよそ11~13%です。
 (計画建物の用途、場所、規模、構造などを考慮して算定しご相談の上決定します)
・リノベーションや遠隔地への交通費が発生する場合は、個別にご相談の上決定します。


DSC_0042 補正.jpg